「ビルの高さ」

ピグマリオンの空間認知能力を育てる思考力育成分野のひとつ、「ビルの高さ」。

たてよこに同じ数字が入らないというナンバープレイス要素に加え、方向によって見えるビルの数が指定されているので、3次元で考えないといけない、面白い問題です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
PYGMALION ASHIYA

 

意外と難しいです。 そこで、

この問題を実際に子ども達に理解してもらうために、こちらの知育玩具を用いて実践してみました!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
PYGMALION ASHIYA

練習問題のプリントは平面図なので、まず最初に、一度は子どもが実際に物に触れ作ってみて、立体的なイメージを自分の目で確かめ実感すると、

それ以降、プリントの2次元の図を見ただけで、頭の中でちゃんと3次元に復元できるようになります。

暗記やテクニックだけ教える教育と違い、こちらの教室では、子どもたちが楽しい遊びの中で高い能力を育んでいます。

 

皆さんも解いてみましょう。答えはこちら

 

ピグマリオン学育にご興味のある方、お子様の学力にお悩みの方は是非お問い合わせください。

◆体験授業のご予約承っております◆

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中